l'Étoile

Domaine de Baud 2018

レトワール / ドメーヌ・ド・ボー

jura

FEATURES

香ばしいナッツを味わうような、
ドライな白ワイン

まるで緑豊かな山をゆっくりハイキングしているような気分になる、深みのある味わいが特徴のドライな白ワインです。栄養たっぷりのくるみを味わうような、独特の香り。

 

そんなジュラ同じ地方で作られるハードチーズ、コンテとは相性ぴったりです。

STORY

スイスとの国境に近い丘陵地帯に畑が点在するジュラ地方は長いワイン造りの歴史を持ち、
19世紀には2万ヘクタールに40品種が育てられていたといいます。そのジュラの中でも、白に特化した別格の産地がレトワールです。

小さな星の形をしたウミユリの茎の化石がよく見られること、また畑が広がる5つの丘の配置が星のように見えることから、
フランス語で『星』を意味する名となりました。総栽培面積は70haにも満たないため、
現地フランスでも目にすることが珍しいワインですが、その名の通り煌めく優れたワインを生み出しています。

WINE MAKER

WINE MAKER

山脈に阻まれフランスの中でも秘境といわれてきたワイン産地ですが、
その畑から積極的に情報発信を始めているのがドメーヌ9世代目の兄妹。生産者自らぶどうの成長過程を案内してくれるその輝く畑を見れば、誰もがグラス一杯のワインを大切に思えるはず。
レトワールというAOC は総栽培面積75haほどで、その中でもドメーヌ・ド・ボーの“レトワール”が生まれるのは、あふれる陽が降り注ぐ、コートドジュラの丘に囲まれた24haの畑です。
ドメーヌに9世代伝えられ受け継がれてきた、土地、ノウハウ、そしてパッションをもとに現在は兄妹でワイン作りを行っています。

SPECIFICATIONS

生産者 ドメーヌ・ボー
生産地 ジュラ
生産年 2018年
ぶどう品種 シャルドネ・サヴァニャン
提供温度 8-10℃
アルコール度数 13%
フードペアリング コンテチーズ、舞茸の天ぷら